キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

光と影

 

最近、新しい趣味ができました!!

「絵を描くこと」です☆☆☆

 

中学の美術の授業で、自分の手をデッサンしたのが最後。

ネコを描いてもブタと笑われてしまう。

女のコの絵を描いても、小学生以下のクオリティになってしまう。。。

 

私は絵が下手なんだ、というコンプレックスを抱えて今まで生きてきました。

 

 

絵を描くことで感情を表現することができます。

集中して自然と繋がることができます。

 

いつも1000本もの薔薇に囲まれているのに、

ひとつひとつの薔薇を、こんなに間近で、こんなに細かくじっくりと観察したのは初めてでした。

 

(因みに、これは2回目のレッスンで描いたもの!)

 

 

蟻になった気分で、薔薇の花びらのふちをお散歩して、up and downを感じながら、

小さなヒビや傷みも、血管のような模様も、翻る角度や影や光やエネルギーさえも見逃さないように、じっくりじっくりとみていきます。

 

そうすると、自分の身体がとろけてなくなり、薔薇とひとつになります。

 

そして、そこから描く薔薇のカーブや光や影にはエネルギーがあり

自分の子どものように愛おしく尊い存在になります。

 

そんな感じで、自分を解放し、

感情やエネルギーを傾けます。

 

 

 

 

こちらは「光と影」をテーマに描いたものです。

 

光と影は、それぞれが一対になっていて、光と影があるからこそ世界に立体感をつくりだします。

影がないと光が存在できないし、光がないと影は存在できないのです。

 

 

光の中に居ると影ばかり目がいってしまったり、

更に明るい光に注目してしまいがちです。

無理に光をあてなくても、ただそこに存在する、それだけで充分なのです。

 

そんなことを、自然は私たちに教えてくれている気がします。