キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

先週末は母の誕生日だったため、お休みをいただき実家に帰りました。

 

プレゼントは何にしようかな〜と

1週間ほど悩みました。

 

これまで色々なプレゼントをしてきましたが、

今回は「今の自分自身を100%好きになった記念」として

心を込めたプレゼントを贈りたかったのです。

 

 

最近、絵にハマっているので

「そうだ!絵を描いてプレゼントしよう!」と思いつきました。

 

満開寸前の開き具合の薔薇と、満開の薔薇(2つは同じ品種)を

隣同士に寄添わせて、「母と私」というテーマで描くことにしました。

 

この世に私を産んでくれて、

いつも私の未来を照らしてくれた母に

感謝の気持ちを表現する。

 

うまく描けるかという事は重要でなくて、

私の全部のエネルギーを集中させて

この瞬間は母への感謝の気持ちを込めて描く。

それが目的でした。

 

 

 

結局4時間ほど掛けて、完成しました!!

黒い用紙に貼って、母へのメッセージをポエム風に書きました。

 

(描き終わる頃には、ワインボトルは空っぽになってしまいました。)

 

 

大切な人へ、感謝の気持ちを込めて、

自分のエネルギーを全て集中させ、

この時間は1人のことしか考えない。

そんな時間を過ごしました。

 

お誕生日当日は、母と一緒に入院している祖母のお見舞いに行きました。

母は祖母に「私を産んでくれてありがとう」と伝え、

祖母は「こんなに可愛い孫を産んでくれてありがとう」と母に言い、

私は「ママを産んでくれてありがとう」と祖母に言いました。

 

祖母は嬉しそうに「感謝の連鎖だね」と言って涙を浮かべていました。

 

母は「こういう何気ない普通の日を過ごせて、本当に幸せな誕生日だった」と言いました。

私も、心から幸せだな〜と感じました。

 

 

何かにエネルギーを集中すると、

その後で、ふわっと幸せなことが起きます。

 

===

 

お花屋さんで誰かに花を選んでいる時は、

その人のことだけを考えます。

 

「どんな色が好きかな?」「どんな気分かな?」「どんな香りが喜ぶかな?」

きっと先方が喜ぶのは、自分のためだけにそういう時間をつくって考えてくれたことが嬉しいのです。

 

「花束おまかせで。」と言わないで、

不器用だけど一生懸命選んでいる人を

愛おしく思う今日このごろです。