キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル






































家族のように大切に思っていた友人を亡くした悲しみ

はじめて親知らずを抜いた痛みと苦しみ

 

無理に元気になろうとしても、

ぜんぜん元気になれません。

 

 

いつもは人に喜びを与えたり、元気やパワーを発信するのが得意。

でも、今回は、何も与えるものがありません。

パワーが出ません。元気もありません。

 

こんな私なんて経営者失格なのではないか

元気じゃない私なんて、お客さんや仲間から求められないんじゃないか

こんな状態では、人から奪ってしまうのではないか、という恐れ

 

 

自分は弱い人間なんだな。。。

そんな悲観的な気分になってりします。

 

 

でも、ある友人が教えてくれました。

「何も与えるものがない時は、無理に与えようとしなくていい。」

 

 

薔薇の花も同じです。

ただそこに存在している、それだけで充分なのです。

 

少し傷ついていても、少し元気がなくても、

彼女たちは、無理に与えようとも奪おうともしていません。

 

いまは無理をせず、悲しみや苦しみを深く深く感じて

また元気になったら、たくさんにパワーを与えればいい。

 

薔薇は、いつも私に大切なことを教えてくれます。

 

 

私はまだ深い悲しみの中にいますが、

そんな状況でも、毎日いろんなお客さまが訪ねてきてくださいます。

 

 

「贈り物は、ここの薔薇と決めているの。

 お渡しする方は毎回とても喜ばれているのよ。」

 

 

そう笑顔で言葉をかけてくださいます。

 

そうやって変わらない笑顔で薔薇を愛してくださるお客さま。

変わらぬ美しさでケニアから届く鮮やかな薔薇たち。

変わらぬ元気な笑顔で接客している可愛いスタッフたち。

 

とても尊いことです。感謝です。