キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

こんにちは!
AFRIKA ROSE松野彩加です^^

 

さて、Facebook検索のおかげで、私は代表の萩生田と出会います。

そこにある投稿や、萩生田のブログを読めば読むほど、私はのめり込んでいきました。

 

"与えるだけの支援ではなく、対等な関係でのビジネスを"

"ビジネスで継続的に雇用を生み出す事で、現地の人たちの本当の自立に繋がる"

 

まさに、私が学生時代に抱いていた疑問を解消してくれるような、彼女の信念でした。

 

 

 

この人に会ってみたい!

そう思った私は、ちょうど募集があった『一日お花屋さん体験』に応募しました。

そこで出会ったのは、ブログで読んだままのパワフルな萩生田と

想像を遥かに超えた色鮮やかなケニアのバラたちでした。

ますますぞっこんになった私は

施きる範囲で、繁忙期などのお手伝いをさせて頂く事になりました。

 

 

 

 

当時はまだ、月に1回の輸入にあわせて、オンラインのみで注文を受けていました。

クリスマスがある12月はバラの輸入量も多く、配送もかなりの量があるという事で

作業をするガレージまでお手伝いに行きました。

 

待っていたのは、届いたばかりのケニアのバラたち。

ガレージを埋め尽くしそうな量でした。

 

 

ほんとにケニアから薔薇が届いてるんだ・・・

誇らしそうに咲くバラの綺麗さに、心から感動しました。

そしてそのバラを通して、現地のお母さんたちの素敵な笑顔や想いが見えるようでした。

 

 

その日に行った事は、花束を組んで、ラッピングをし、梱包して出荷する。

言葉にしてしまえばとても単純な作業です。

ですが、その作業を通して私が感じた事は

『人の想いを運ぶお手伝いをする仕事なんだ』という事でした。

 

花束につけるメッセージカードには、たくさんの大切な人を想う言葉が溢れていました。

どんな気持ちで、注文して下さった方が購入を決めてくれたのか。

そしてお花を配送用の箱に入れながら

これを次ぎにあけるのは、ギフトで受け取られた方なんだなぁ?

と思うと、届いた時のその方の笑顔が目に浮かびました。

きっと、とびきりの笑顔なんだろうなぁ。

気がつけば、自然とバラに話しかけていました。

『ちゃんと元気でいるんだよ!笑顔を届けてあげてね!』

蓋を閉める時は『いってらっしゃい』と、まるでお嫁に出すかのような気持ちでした。

 

 

朝から晩までの作業で身体はへとへとなはずなのに、心は妙に元気でした。

こんな仕事がしてみたい。

心から、そう思いました。

今でも、この時の感動はずっと胸にあります。

 

 

 

2年前の10月、AFRIKIA ROSE広尾店がオープンしました。

店舗のオープンに伴って、新しいメンバーを募集するという連絡。

 

最初は、迷いました。

自分が希望して入った会社。安定した給与。やっと築けてきたお客様との信頼関係。

両親も心配するかな。ほんとにやっていけるかな。

 

でも、やっぱり好きだ。という、自分の素直な気持ちに従う事にしました。

 

 

私に取っては、単純に『好き』で動く事はたぶん初めてで、とても大きな決断だったけど

1年以上経った今、そのときに一歩踏み出す決断をした自分に『よくやった!』と言いたいです。

 

大変な事があっても、最終的に行き着くのは

やっぱ好きなんだもん。という気持ち。

どんなに理屈をこねても、この気持ちに勝るものは無いなぁと実感しつつ

 

いま私はAFRIKA ROSEの店長として、働いています。

 

 

 

日々、たくさんのお客様がAFRIKA ROSEにご来店されます。 もちろん皆さまお一人お一人が素‥ 続きを読む
はじめまして! AFRIKA ROSE広尾店 店長をしております、松野彩加と申します。 ブ‥ 続きを読む