キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

『ずっと伝えたかった「育ててくれてありがとう」 の旅』

 

9月末に、お客様と一緒にケニアの農園を見学するツアーに行ってきました!

中学生の頃から憧れていたケニア。

しかも、いつも元気を貰っているバラが育てられている場所に!

お客様もご一緒に!というスペシャルなタイミングでの初上陸となりました^^

 

せっかくなので、何回かに分けて今回のケミ亜ツアーの振り返りを書きたいと思います。

 

今回は最初に訪問したバラ農園について。

 

バラ農園があるのは、ケニアの首都ナイロビから車で約3時間のナイバシャという地域にあります。

空港を出たら目の前はナイロビ国立公園。

目の前に広がるサバンナでは早速、キリンを初めとする野生動物たちがお出迎えしてくれました。柵はありますが、延々続く大地でのんびりと草を食む動物たち。

動物園では味わえない感動に興奮しながらドライブの開始です。

 

途中、アフリカ大陸を南北に縦断するグレート・リフト・バレーを見ながら休憩し

(現地の人に写真を撮ってもらうともれなくお礼を要求されます 笑)

よくトラックが落ちるという崖を通り

(もちろんガードレールなんてモノはありません)

ナイバシャに到着です。

 

素敵なロッジに一泊して、いよいよ農園へ!

私たちが契約している農園さん。

見学をしにいった場所はおよそ東京ドーム16個分の面積です。

何処までも続くビニールハウス。

 

バラを育てている方は女性が多かったです。

担当の区画があり、基本的には一人でお手入れや収穫をこなします。

写真をとってもいい?というと、

『綺麗に撮ってね!』と言われたり、

『恥ずかしい・・・』と照れられたり

 

収穫されたバラは、花びらが傷つかないように覆いをされて集荷を待ちます。

集荷したバラを運ぶトラック

 

さて、お客様からも良く頂く質問で、バラはどのくらいでカットされるのか?

という疑問があります。

バラは、蕾が固過ぎる時に切ったら開きませんし、開きすぎて切ると花持ちしません。

切る基準として【カットステージ】が定められており、バラの真ん中・クラウンと呼ばれる部分の開き具合で決まります。

ちょうど良いカットステージは2~2.5。ココを見極めて皆さん収穫しています。

 

 

収穫されたバラは一カ所に集められ、まずは6度に設定された部屋で冷やされます。

その後、バラの長さを揃えて10本ごとに段ボールを巻かれます。

これも花びらがあちこちに擦れて傷つかないため。

その後、世界各地に贈られるため、箱詰めの部屋に移動します。

この部屋も気温は4度。赤道直下のケニアですが、この部屋で作業する人はダウンを着ています。

空港への出発を待つバラたち。

私たちのもとへもこうして届いているのだと思うと、思わずハグしたくなりました。

 

 

集荷でバラが集まってから空港に送り出すまでを管理する女性。

『バラを育ててくれてありがとう。皆さんのおかげで私たちは笑顔になっています』

ずっと伝えたかった言葉を、直接伝える事が出来ました。

 

 

食料品と違って、口にする事はないバラは

あまり産地などは気にする事もないかもしれません。

でも、バラも生きもの。どんな環境で、どんな想いで育てられたかは少なからず影響すると思うのです。

 

バラが生まれてから、お客様の手に渡るまでを見れる事に改めて感謝の1日でした。

 

お昼は食堂で食べます。

この日は豆のスープのようなものとご飯。

外で手を洗って、食器を持って1列に並びます。給食みたいですね^^

 

ケニアツアーの続きはまた次回!

 

と、お知らせが一つあります^^

今回農園で、今まで見た事ない品種を入荷する事になりました!

その未入荷の品種で作る花束を3周年の記念商品として限定販売しています。

こちらをチェックしてみてください!
3周年限定花束のご案内

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

ブーケをご自身で作られたことはありますか? 女性でしたら、もしかしたらあるかもしれませんね。 ‥ 続きを読む
ケニアツアーブログ2回目は 萩生田が初めてバラに出会ったナイロビのショッピングセンターについて書‥ 続きを読む
ワイカフ 優紀(Yuki Wicoff) 趣味:アート・音楽・海外旅行 特技:ピアノ ‥ 続きを読む
田村 光暉 (たむら みき) 趣味:美味しいご飯屋さん巡り・ランニング 特技:ラクロス ‥ 続きを読む
海野 真司 (うんの しんじ) 趣味:人物撮影・手芸全般とお仕事 特技:デザイン全般 ‥ 続きを読む
高塚 都 (たかつか みやこ) 趣味:水あげ 特技:お客様さまの思いを汲み取って花束を‥ 続きを読む
本日は1日お花屋さん体験でした! 初めましての5人の方に、スタッフとしてお花屋さんを体感していた‥ 続きを読む
1輪のバラが運ぶ笑顔 1輪のバラを、スタッフさんに贈られているお客様のエピソードです^^‥ 続きを読む
お店のお手洗いに飾ってある"マリクレール"です^^ 季節のお花ミモザを添えて‥ 続きを読む

123