キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

ケニアツアーブログ2回目は

萩生田が初めてバラに出会ったナイロビのショッピングセンターについて書きたいと思います。

 

ナイロビってどんなイメージですか?

私はなんとなく都会っぽいイメージはあったのですが

、実際に行ってみると思った以上に近代的な建物が多く、

歩いている人たちもビシッとスーツを着ていて

思った以上に都会であることに驚きました。

 

もうひとつ驚いたのは、車の多さ。

そして信号があまりないこと。

とにかく車車車・・・

通勤時間や帰宅時間の渋滞は必至です。。

よく事故が起きないなぁとドライバーさんのテクニックに感心しきりでした。

 

 

 

 

 

さて、萩生田が初めてバラに出会った場所はそんなナイロビの中心にあるショッピングセンターです。

私たちが行った時は夕方だったこともあり、お花の数は少なかったのですが

当時と同じように大きなバケツに入れて売られていました。

(販売場所はショッピングセンターの改修にともなって少し変わったそうです)

 

 

販売している人ももちろん一緒。

昨年販売した萩生田の本にも、もちろん彼のことが書かれています。

その本を見ながら話す二人。

 

 

あのとき、あの出会いがあったから・あの出来事があったから

今ここにいるんだなと思うことがあります。

 

でもそれは、後になって振り返ったときに思うこと。

その時その時に起こる出来事に直面しているときはその先がどうなっているかなんてわからない。

 

そのときは"わからなかった"出来事が、何年という時が過ぎる中で

こうして繋がってひとつの物語のように繋がっている。

ケニアと日本という距離をつなげている。

 

そんな光景を目にしたようで、ひとりこっそりとウルウルしていました笑

 

 

広尾のお店も、誰かの何かのきっかけになれるように

人の繋がりが生まれる場所にしていきたいなと思います^^

 

 

萩生田とバラのストーリーを知りたい方はぜひ本を読んでみて下さいね!

 

 

こちらからバラとセットで購入できます^^

 

 

 

 

アフリカの花屋

Recommend Column

ブーケをご自身で作られたことはありますか? 女性でしたら、もしかしたらあるかもしれませんね。 ‥ 続きを読む
『ずっと伝えたかった「育ててくれてありがとう」 の旅』 9月末に、お客様と一緒にケニアの農園‥ 続きを読む
ワイカフ 優紀(Yuki Wicoff) 趣味:アート・音楽・海外旅行 特技:ピアノ ‥ 続きを読む