キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

インターン・プロボノ募集


AFRIKAROSEでは、インターン・プロボノを募集しておおります。


アフリカローズが大好きな方、自分の新しい可能性を探りたい方、お花に携わりたい方、アフリカに関わりたい方など、大歓迎です。

 

インターンについて

大学経由、個人でのインターンなど、様々な実績があります。

 

●ミスキャンパスプロジェクト

 2018年7月ー11月、津田塾大学の4名の学生がインターンシッププログラムに参加しました。1週間に1回出社し、マーケティングの講義とイベント企画/実施を行いました。テーマはミスキャンパスに関心の高い女子大生に向けてのマーケティング。様々な大学にアポイント及び企画の説明を実施、Tokyo Africa Collenctionへの出展、Miss Japanトークイベントの開催を通じて、行動力の大切さやマーケティングの面白さを学びました。

 

●Deakin University(オーストラリア)

 2017年、豪州Dekin Universityの学生が武蔵大学に2ヶ月間インターン/語学留学のプログラムの中で、アフリカローズに2週間のインターンにいらっしゃいました。8名の学生が参加し、オリエンテーションではアフリカローズのビジネスモデルの説明とテーマ設定を行い、翌日に職場見学、1週間後にフォローアップセッションそして2週間後に最終プレゼンテーションを行いました。

 

●Harvard Business School(米国)

 2015年、米国ハーバードビジネススクールの学生さんが来日し、アフリカローズのビジネスモデルについてインタビューを実施しました。持続可能なビジネスモデルという観点からの調査、またマーケティング/ビジネスの観点から様々なアイディアと今後の展開の可能性についてディスカションを行いました。(1日)

 

●アフリカの花屋全国キャラバン(早稲田大学、中央大学、立教大学)

 2014年、「アフリカの花屋 全国キャラバン」という3ヶ月間のプロジェクトを行いました。7月クラウドファンディングの企画、パーティの開催、全国の花屋へのアポイント及び企画の説明、8月に実際に全国7カ所の花屋さんで1日限定アフリカローズの販売会を実施、9月に報告会イベントを開催しました。全ての企画と実施を行って頂き、報告会ではお客様50名に囲まれながら、感動の涙の卒業式となりました。

 

インターンシップの流れ

1)書類審査:メールにて履歴書及び志望動機を送って下さい。

   (希望の期間、出社したい頻度、学びたいこと/得たい結果)

2)結果連絡:合否の結果をメールにてお伝えいたします。

3)出社初日:自己紹介、アフリカローズの説明、インターンシップのテーマ設定を行います。その後は、決定したスケジュールに沿ってプロジェクトを進めていきます。最終日には必ず振り返りと成果の確認のミーティングを実施いたします。

 

プロボノについて

随時、大歓迎です。

大きく分けて3つの働き方があります。

1)転職の合間(キャリアブレイク)や長期休暇を利用したプロジェクト

2)会社に勤務しながら、週末や平日夜を利用したプロジェクト

3)イベント時や繁忙期のお手伝い(母の日、クリスマス、イベント出展時など)

 

アフリカローズが大好きな方、自分の新しい可能性を探りたい方、お花に携わりたい方、アフリカに関わりたい方など、大歓迎です。

 

また、アフリカローズでは、企業やイベントにポップアップ販売会を実施しています。

 

勤務先の会社で販売会を実施できる事がとても有り難いです。

 

普段、なかなか花を買う機会のない方々に、自分のオフィスで花に触れる機会をつくれる事ができるからです。花を買うのは照れくさかったり恥ずかしかったり、多少のハードルがあると思いますが、「会社に花屋が来ていたから。」「今日は6月2日(ローズの日)だから。」「同僚に薦められたから。」そんな些細な理由をつくることで、最初の一歩が踏み出せるものです。

 

これがきっかけで、大切な人の喜ぶ顔を見ることができます。そんな機会を増やす為に、アフリカローズは、社内販売会の実施に力を入れております!ぜひ、ご協力をお願いできれば嬉しいです。

 

ご参考:企業での社内販売会の事例