3月下旬のことでした。コロナの影響で表現の場を失ってしまったアーティストがたくさんいるということを聞きました。
経済が止まって困るということ以前に、アーティストとして作品を表現する場がないのはとても悲しいことだと思いました。
 
アーティストにとって、表現することは生きること。
 
アフリカローズとしても微力ながら、何か面白い企画をアーティストの方々と一緒にできないか、という話になり立ち上がった企画です。
500本の生のバラを使って自由に表現して頂く企画!!
 
応募いただき制作に携わったアーティストの皆さん、プロデューサーとして皆をまとめてくれたArtHub.jpの野呂さん、ありがとうございました!!!
この作品をご覧になって、少しでも温かい気持ちになって頂けたら幸いです。

 


アーティスト募集の動画は、こちら

<500 Rose Art NEWS>
AFRIKA ROSE & ArtHub.jp コラボ企画「500 Rose Art Project」動画公開!
全て生花のバラを使った珠玉のコマ撮りアニメーションが完成しました!

本篇はこちら
https://youtu.be/TxXvXXkJw8E

■プロジェクト概要
綺麗なバラをアーティスト様に作品制作の素材として使って頂き、
多くの方に見て頂くことで、世の中を少しでも明るくできたら。

そういった思いではじまったこの企画。
素晴らしいアーティストのみなさんに集まって頂き、
思いのこもったアニメーション作品ができあがりました。

—メッセージ—————————–
「空を見上げて、ひとつになろう。」

新型コロナウィルスより、世界は大きく変わりました。
物理的に人と離れなくてはならないだけでなく、様々な情報が飛び交い、置かれた環境や立場で、考え方や思想も分断してきているように思います。
それによる衝突や歪みが世界中で起こっており、これからも増えるかもしれません。

しかし、私たちが本当に求めている、日常を取り戻したい、という思いは同じなのではないでしょうか。
もちろん、綺麗事ばかりではないので、軋轢が生じることは仕方ありません。地域や文化によって、多種多様な考えがあるので、みんなで意見や知恵を出し合い、よりよい道を探すことはとても重要です。
それと同時に、その根底の思いはみんな同じであることをいつも忘れない、ということもとても大事なのではないかと私たちは考えています。
こうして世界が混乱していても、ふと空を見上げるといつもと変わらない空が広がっています。そして、みんなも同じ空を見ています。
そう思うとなぜかホッとします。

不安になったり、未来が信じられなくなった時、同じ空を見上げて、みんなひとつであることを思いだしてもらえたら嬉しいなと思い、私たちはこの作品を作りました。
——————————————————————————-

<参加メンバー>
・アニメーション作家/山田 優子
https://www.facebook.com/yuko.yamada1

・シンガーソングライター/小田 ルイ
https://diamondruism.wordpress.com/

・videographer/PEACEKID’S
https://www.instagram.com/peacekids_shooting

・フラワーアーティスト/春山 福太郎
https://www .Haruyama Fukutarou

・企画プロデュース/田中 秀行 (アフリカローズ取締役 )
https://business.facebook.com/to/100002354375592/

・プロデューサー/野呂 翔悟 (ArtHub.jp オーガナイザー)
https://twitter.com/shogo_nr

<アフリカローズ>
https://afrikarose.com/
※本作品に使用しているバラは全てアフリカローズ様から寄贈頂いた生花のバラを使わせて頂いています。

<その他>
※撮影場所である日本赤十字社医療センター様へ許可を頂いて撮影しております。
※本動画は3密回避に十分配慮し、撮影しております。

500 Rose Art Projectとは!
#コロナに負けるな
#500RoseArtProject
#arthubmedia
#afrikarose