キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

今夜はクリスマスイブ。

たくさんの幸せなカップルや家族で街は賑わっていました。

 

お店を閉めてから、私は大切な人とクリスマスを過ごすために家に返る途中

煌々と明るい蛍光灯の交番に、ひとり立っているお巡りさんの存在が私の目に留まりました。

 

「クリスマスイブなのに、夜勤でお仕事なんだ。まぁ私もさっきまで仕事だったけど。...きっと本当は家族と過ごしたいだろうに。」

勝手ながら、そんな想像をしました。

 

私の手元には1輪の薔薇。

大切な人にプレゼントしようと準備していた薔薇です。

 

交番を通り過ぎ、そのまま家に向かって歩きましたが、

お巡りさんのことが頭から離れず、なんだか私の心の中がモヤモヤしていました。

 

「やっぱり、自分の心に素直に行動しよう」

 

そう決めると、さっきの交番へ引き返しました。

 

「こんばんは。あのーすみません、、、ちょっと変なことを言うかもしれませんが、、、」

と前置きをしてから、

 

今日はクリスマスイブなのにお仕事お疲れさまです、という旨。

私はこれから楽しい時間を過ごすので薔薇がなくても大丈夫という旨。

そして、

夜勤が明けたら大切な人にこの薔薇をプレゼントして欲しい旨を伝え、薔薇を渡しました。

 

(いきなり迷惑かな。。。断られてしまうかな。。。)ちょっぴり不安でした。

 

 

すると、

 

「ありがとうございます!」と笑顔で薔薇を受け取ってくださったのです!

私はとても嬉しい気持ちになりました!

 

 

ルンルン気分で家に着き、大切な人には、この出来事と私の心の動きを素直に話すと、

その人はとても嬉しそうに微笑んでくれました。

 

『全ての人が幸せでいられますように。』

 

その願いが現実になるよに、少しだけ勇気を出して

自分の心に素直に行動をしたイブになりました。