キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

お花のお手入れ方法             
せっくのお花なのに、2、3日でくた〜っとなってしまったことはありませんか?

 
大切なお花を長く楽しんでいただけるように、
 知って得するお手入れ方法をこちらでご紹介いたします。

花が届いたら(買ってきたら)まず行う、花に水を吸わせる作業があります。まずはしっかり水あげしてから、花瓶に飾ってください。

この水あげをするとしないのとでは、観賞期間が全く違いますよ♪

 

特に夏場は、そのまま活けたのでは花があまり持ちません。

大切な花を少しでも長持ちさせるために水切り方法を是非覚えてくださいね。

 水あげにはいろいろな方法がございます。

一番簡単でどのお花にも効果的な″水切り″という方法をこちらでご紹介いたします。

 

1 清潔な深い器にたっぷりとお水を入れます。

 

水揚げに必要なもの

 

 

用意するもの:

-たっぷりと水を張ったボール(器)

-ハサミ 

刃が鋭利な花用のハサミをご用意ください。

刃が鈍いと茎の断面がつぶれてしまい、水をよく吸わなくなってしまいます。

-花瓶

 

 

※包装紙・新聞紙にお花が巻いてある状態で水切りをするのがベストです。包装紙などに巻くとまっすぐに水を吸い上げるためです。また葉っぱからの余分な蒸発を押さえるためす。

 
 

2 水の中に入れた状態で先端をカットします。


水揚げ 斜め45°に切るのがポイント
 
薔薇の茎を水の中に入れた状態で、切れ味のよいハサミで先端を斜めにカットします。だいたい先の方1~2cmくらい。断面が斜め(45° )になるように切ることで、断面の表面積が大きくなり水のあがりが良くなります。
 
※水平に切ってしまうと茎の細胞が押しつぶされる恐れがあるためおすすめしません。


 

  

  水の中で切る
 
※注意点
切れにくいハサミを使っていると、茎の細胞を壊すことになり、適切な水揚げが出来ず花持ちに悪い影響を与えます。お花を1日でも長く楽しむために、良く切れる切花専用の剪定ハサミをおすすめします。
 

3 お花を活けましょう!


きれいに洗った花瓶にたっぷりとお水を注ぎます。
大切なお花を、美しい状態で長く楽しんでいただけると嬉しいです。
 

ここからが重要!!

 

毎日、花瓶の水を取り替え、

毎日、水切りをしましょう。

 

茎の先端(切り口)にバクテリアが発生し茶色に変色すると、水を吸い上げる力が弱くなってしまいます。いつも新鮮な切り口にしておく事がとても重要です。

 

また、葉は花瓶の水につかないように取り除きましょう。

葉が水に浸かった状態だと水の中にバクテリアが発生しやすくなります。

水が濁っていたり、茎がヌメヌメしてしまった時は、茎を水で荒い花瓶の水を取り替えましょう。

 

 

また、お花は直射日光や冷暖房の直風が苦手。

お部屋の涼しい場所に飾りましょう。

 

「綺麗に咲いてくれてありがとう。」「今日も綺麗だね。」

など、毎日声を掛けると長持ちします。不思議ですね。

 

 

 

バラがお手元に届いてから1週間も経たずに、くた〜とお辞儀をしてしまったり枯れてしまっら?

 

1)ハサミは鋭い花きり専用を使っていますか?

2)湯あげを試してみてください。

 

 

湯あげは、まず新聞紙に茎をしっかり包みます。

茎が真っすぐになるよう、きつめに包んで下さい。

 

バケツに冷たい水を用意しましょう。水は多め(茎が半分浸かる程度)に入れて下さい。

 

茎の先端を斜めに切り、90℃の熱湯に約20秒浸します。

その時、茎から泡が出てきます。

 

20秒経ったら、冷たい水に入れ、涼しい場所に置いておくと約2時間程で茎がシャキっと元に戻ります。